お知らせ
ブログにて活動報告中です。
ブログはこちらへ
フォーラムの活動計画は…
2017年

5月28日(日)
かも川歩き(左京区)

終了しました。


6月3日(土)
亀岡・曽我谷川へホタルを見に出かけよう!(亀岡市)

終了しました。

7月29日(土)
伊賀へ・木津川でカヌーをやってみよう!(伊賀市)

終了しました。
8月27日(日)
山科川ガサガサ探検隊&クリーン大作戦!(山科区)


9月
びわ湖内湖・たらい舟に乗ってみよう!(近江舞子)


10月
坂本へ 里山の暮らしを体験しよう!(大津市)


12月2日(日)
高鼻川へトレッキング(右京区梅ヶ畑)


12月
クリスマスお楽しみ会


2018年
1月
桂川のカヤ原遊び&子どもの水辺準備(伏見区淀)


2月
子どもの水辺交流会 発表練習


3月
「子どもと大人の寄り合い」&春の草だんご作り



※計画は都合により変更する場合があります。
子どもたち募集
山や川の自然を感じ、まちの川を歩いて、みんなと自分を楽しもう!
2017年度子ども会員募集チラシ
入会案内はこちらへ
新着情報

 京都府と滋賀県の境から始まる山科川は、音羽山から山科盆地を貫き伏見で宇治川へ合流するまで街の中を流れています。
 流域の人にとって、水害から街を守ってくれる川であり、見なれた風景でもある川。
 さて、私たちの暮らしの中にある川には、どんな生きものが棲んでいるのでしょう・・・。
 かわまちでは、5年連続4回目の企画になる勧修寺公園・山科川と旧安祥寺川合流付近のガサガサ探検隊!
 川の生きものと合わせて、ゴミ調べもやってみましょう。人と自然の今の関わりを、川をとおして見つめてみます。


開催の可否:
小雨決行、 ただし雷など気象条件や川の水量により開催が困難な場合は中止。
開催有無は、当日朝8時ごろにホームページ(すぐ下の赤い字のメッセージ)でお知らせします。


と こ ろ: 山科川と旧安祥寺川合流付近
(勧修寺公園内/京都府京都市山科区勧修寺東金ケ崎町)

対 象 年 齢: 小学校1年生以上(小学3年生以下は保護者同伴)
※大人の参加者は、子どもたちみんなのお父さんお母さん役をお願いします。

申   込:
  申込期間 8月3日~23日
※受付は先着順で、8/10までは子ども会員優先受付。また、申込み多数で期間終了までに定員に達したら HPで受付終了をお知らせします。


定   員: 子ども20人

参 加 費: 無 料

集   合: 地下鉄東西線小野駅改札前9時40分又は現地集合10時集合
※解散は現地ですが、児童だけの参加者は小野駅まで引率します。

協   力: 淀川管内河川レンジャー
http://www.river-ranger.jp

主   催: NPO法人 子どもと川とまちのフォーラム

お問合わせ: 子どもと川とまちのフォーラム事務局Eメール
kodomokawamachiforum@gmail.com

内   容: 午前/ガサガサ、ゴミの製造年月日大調査。
午後/水質調査、生きもの調べ、自由観察。

持ちものと
服 装:
帽子、ぬれてもいい服とズボン、川に入る靴下と靴(運動靴、マリンシューズ)タオル、着替え、飲みもの、お昼ごはん、ノート、筆記用具。
こども会員は会員カード。
タモ網、観察ケース、ライフジャケットなどの用具は、淀川管内河川レンジャー事務局から貸りて実施します。
万か一に備え、社会福祉協議会の保険に加入していますが 、原則は参加者の自己責任とさせていただきます。


フォーラムのホームページが新しくなりました。


「水の都」京都――京都には「水の都」としての古い歴史があります。
かつては市内を大小さまざまな河川が流れ、豊かな地下水脈とともに茶の湯や友禅染、豆腐、酒といった京文化を育んできました。
しかし近代化の中で多くの川が消え、あるいはその姿を大きく変え、人々の暮らしから遠ざかってしまいました。
なによりも、水辺で遊ぶ子ども達の姿が見られなくなり、笑い声が聞こえなくなってから久しく経ちます。
このフォーラムでは、水辺で遊ぶ子ども達を復活させることこそ、子ども達の豊かな 心の成長とともに暮らしの見なおしや豊かな京文化の継承に繋がると考え、子どもと 大人が一緒になって川で遊び、川を入り口に、自然と人との関わりを学ぶ活動を続けています。

今後ともフォーラムをよろしくお願いいたします。

フォーラムを応援していただいている団体の皆さん
今年度の活動は平和堂財団環境保全活動助成事業「夏原グラント」の助成を受けて実施しています。
http://www.natsuhara-g.com/

  spacer  
協  力   【HPデザイン】手仕事雑貨屋 風土 【デザイン】KOTO DESINGN Inc